アロエベラ安定化処理工場
Aloe Vera Treatment

アロエベラ安定化処理工場

新鮮なアロエベラジェルを可能な限り、収穫時に近い状態を保つ安定化処理工場をご紹介します。

品質のすぐれた
アロエベラのみが商品に

アロエベラ安定化処理工場
フォーエバーでは、皆様に品質のすぐれた商品を提供するため、商品製造工程のすべての段階で高品質の原材料のみが必要とされます。苗の植付けから収穫に至るまで100%管理された畑で大切に育てたアロエベラといえども例外ではありません。手作業で収穫された後も一枚一枚ていねいに取り扱われています。一流のレストランでは経験豊かな料理長に吟味された良質の食材だけが調理され、テーブルに供されるように、フォーエバーでは品質のすぐれたアロエベラだけが商品となり、皆様のお手元に届けられるのです。

新鮮なジェルを可能な限り
収穫時に近い状態へ

アロエベラ安定化処理工場
アロエベラは非常に生命力の強い植物ですが、刈り取られると急速に変質してしまうという性質があります。しかし、1960年代に研究者により開発された安定化処理技術により、この問題は克服されました。アロエベラ製品の一番の特長はジェル(葉肉)に含まれる粘着性を示す「高分子物質」です。これらの物質は同じジェル内に含まれる「酵素類(糖タンパクにより構成され、熱に弱い性質がある)」により変化を受けます。つまり葉が刈り取られることで「酵素類」が働き始め、高分子が分解されて低分子(粘度が低下)化させられることとなるのです。安定化処理とは、主にはこれらの酵素の活動を止めるための短時間の※高熱処理であり、また、酸化や菌による劣化を防ぐための処理のプロセス全体を指します。この処理はアロエベラの安定性と有効性を保持するためのものなので、フォーエバー独自のノウハウが詰まっています。
※多糖体は高熱により低分子化することはありません。

アロエベラ安定化処理工程

※原材料すべてに厳重な検査と分析を行っています。
※製造ラインは予告なく変更になる場合もあります。
 予めご了承ください。
※現状の仕様と異なる箇所もありますが、製造工程に
 大きな変更はございません。
ニュートラスーティカル
(タブレット・カプセル・パウダー製造工場)
商品紹介